電子工作、ソフトウェアなど

SIMフリースマホを利用するのに必要なことは?

  • HOME »
  • レビュー »
  • SIMフリースマホを利用するのに必要なことは?

62f0b74094d8d2a950020699eb59e272

 

 

 

 

 

 

SIMフリーとは何?

SIMフリーが一般的な新聞でも話題になるほど盛り上がっていますが

そもそもSIMフリーとは?と思っている人も多いと思います。

まず、SIMですがSIMカードという契約者の情報が入ったカードが有り、今はSIMカードにこれらの情報を書き込んで端末に入れることで契約者を認識する仕組みになっています。

別の端末でも自分のSIMカードを入れることで同じ電話番号で利用できるという仕組みです。

 

ですが、実際にはソフトバンクの契約の人がドコモの携帯にSIMカードをいれても使用することができません。

auはドコモやソフトバンクと方式が違うので使えないのが当たり前なのですが、同じ方式のキャリアでも使用することはできません。

これはSIMロックと言われる機構が入っており、端末側には違うキャリアの契約SIMでは使えないような意図的なロックをかけています。

これは端末を購入するときにキャリアはとてつもない奨励金をだしており、端末を値引きして売っていることが理由です。

iPhoneなどは16GBモデルが無料などとありますが、実態としては5万円以上の金額をキャリアが奨励金としてだしており、基本料金に転換していることがあるため、別のキャリアで使われることは非常に困ってしまうのです。

 

SIMフリー用の端末

SIMフリー用の端末てはアップルストアに行けば、SIMフリーiPhoneも購入できますし

GoogleのNEXUS5などSIMフリー端末を購入できる環境が整ってきていることが急激に販売が伸びているt理由になっています。

たであし、奨励金もなければ分割払いというキャリアでは一般的な方法が使えないのでiPhoneでは9万円程度、

NEXUS5では4万円程度とキャリアで買う場合に比べて高く感じることもありますが、これには分割払いをしているという事情と基本料金に転換されているという事情も含まれています。

分割をすると割り引いてくれるのは奨励金ということです。最新機種では分割購入で実質4万円と考えるとNEXUS5と同じ値段なので、NEXUS5のほうがいいとも言えると思います。

分割支払いが通常のローンと同じ扱いになったので、滞納により車や家のローンがく目なkなる可能性もあるので、これから分割を組む人はよく考えたほうがいいと思います。

同じ端末を2年間使い続ける義務も発生しますからね。

nexus5-by-lg

 

 

SIMフリー端末をどうやって使うか?

SIMフリーはキャリアによるロックがかかっていないので、どのキャリアで使用してもよいという利点があります。

ただし、キャリアごとに端末に設定することが色々とあり、これを間違えると定額対象外にもなりかねないので注意が必要です。

しかも、キャリアはSIMフリー端末に対してサポートを一切してくれず、設定方法も教えてくれません。

これがもっともハードルを高くしている要因だと思います。

普通の人はどの端末を買えば自分のキャリアで使用できるのか?どうやって設定していいのかわからないので、選択肢にはいらない人がほとんどでしょう。

しかし、最近はMVNOという選択肢が出てきており、これがSIMフリーが流行っている最大の理由だと思います。

 

MVNOとは?

MVNOとは仮想的なキャリアと思ってください。実際に基地局などを持っていない事業者で、そういった回線を借りて事業を行っている事業者です。

現状ではかなりの数のMVNOが参戦しており、全てがドコモの回線を借りて事業を行っています。

なので、サービスエリアはドコモと同等になります。

特にオススメなのはIIJ MIOというサービスです。

サービスの概要はデータ通信のみで200kbpsに速度制限されているサービスです。

速度制限されている状況ではちょっとした調べ物とtwitter、facebookぐらいであれば、少し遅い程度で問題なくこなせます。

月額972円の格安であれば月に1GBまで速度無制限の高速通信ができます。

動画などを見ない人の一般的な通信料が月に800MB程度といわれているので、問題無いと思います。

普段は低速に切り替えておくこともできるので、必要なときに高速分のクーポンを使えばかなりお得です。

もう少しヘビーに使う人には月1641円で2GBまで通信できるプランもあります。

家でwi-fiを使う人はダウンロードなどを家で行えば足りなくなることはほとんどないんではないでしょうか?

しかもIIJmioを余ったクーポン分を次の月に繰り越せるという利点があり、負荷の平準化をすることが可能です。

音声通信が欲しい場合には1000円プラスするだけで電話番号も持つことができます。

音声を付けて、月に2GBのプランにしても2600円程度です。キャリアが7000円近いことを考えると差額は4400円にもなり

2年間で10万円近い金額位の差がでます。キャリアはこの分を奨励金バラマキに使用して、それを全員に負担させるということをしているのです。

ここまで安いと2600円のプランとタブレット用に1600円のプランを契約しても5000円程度なので、昔のガラケー程度で済むこともあり非常にオススメの方法です。

最近はキャリアも無視できないほど契約数が伸びてきているとのことで、勢力図が変わってくるのは時間の問題だと思います。

 

通信料を賢く節約して固定費を減らしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今まで紹介した物や、実際に買っておすすめできる商品を紹介しています。 オススメ商品紹介ページ

サイト内検索

カウンター

.

.

.

Copyright © cumeles.com(キュムレス) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.